購入から管理委託へ

積み木

典型的な不動産投資の流れ

不動産投資を行うときにマンションを購入するとそのまま自然にマンション管理の方法も決まってしまっていることがよくあります。これは不動産購入の流れの中で管理を委託する契約を結んでしまっているからです。不動産会社に不動産投資をしたいという相談を持ちかけると投資用物件を紹介してもらうことができます。資金面や収益性などを検討した上で、不動産会社との相談を経て購入するマンションを決定することになるでしょう。そのときに不動産会社からマンション管理について委託するように勧められることになる場合が多いのです。その不動産会社が仲介だけでなく管理も行っている場合には、販売した投資用物件について管理を行うことで継続的に収入を得られるようにしようと考えるのはもっともなことでしょう。マンション管理を行ったことがない投資の初心者の場合には特にその話が都合が良いと考えていつの間にか管理委託の契約も締結してしまっていることがよくあります。購入時のこのような流れの中で勧められると、当然のように管理委託の契約書にもサインしてしまうことが多いのです。しかし、必ずしもマンション管理は購入の仲介をしてもらった不動産会社に任せなければならないものではありません。購入の前後に他の業者を当たってマンション管理を委託することも、自分で管理を行うことも可能です。このような流れになりやすいことを頭に入れておくと適切な対応ができるでしょう。