マンションの新しい管理法

お金とハンコ

安定的な家賃収入のために

マンションを経営するにあたって、経営者である大家は入居者と契約を結び、家賃収入を得ることで生活している。しかし、そこに至るまでにはリスクが存在するのも事実である。例えば家賃の滞納、入居者不在の空き室状態などが挙げられる。こうなると大家は本来得られるべき収入が得られず、経営が悪化することになる。また、マンション経営のノウハウを持っていないと、そもそもうまくいかずに失敗に終わることもある。そこで近年では「サブリース」という方法が取られることも多くなってきた。サブリースとは、大家からマンションを一括で借り上げ、それを入居者に転貸するという契約である。大家にとってのメリットは、サブリースを取り扱う不動産業者などに一括借り上げてもらった時点で、一定の家賃収入を得られるということにある。これで、空き室によって家賃収入が得られないというリスクが回避できることが魅力的である。またサブリースにはもちろん建物がなければならない。土地も建物もすでに保有しているケースよりも、空き地の所有者が土地の有効活用を目的に新築物件を建てるケースの方が多い。つまり、これからマンション経営を始めようというノウハウを持っていない大家も、プロの業者に任せっきりに出来るのだ。この点も、大きなメリットとなるのだ。サブリースは上手に利用すると、大家は非常に効率的に経営することができる。現在では多くの不動産会社がサブリースを取り扱っている。自分に合った業者を選択し、よきパートナーになってもらうことは非常に重要なことであるのだ。